FC2ブログ

剖検について(帰宅)




【 5月2日病院から帰宅して 】


ベビが剖検前と全く同じ美しい姿で戻って来てくれた事で

剖検に対する不安や後悔は氷解しました。

(*全ての剖検が同じようなケースではないと
  
  思いますのでご注意下さい。 )



帰宅してベビが美しいままの姿で戻って来てくれた事を母に報告し、

それからベビをお家に戻してあげる為にケージをキレイに洗ってあげました。

( この時、ケージの隅にベビの血液が付着していたのを見て

思わず息が止まりそうになりました・・・可哀そうに、苦しかったろうに。 )



今夜は2人だけでゆっくり過ごそうね。 (/_;)

これから葬儀まではずっと一緒にいれるから・・・







↑ 生後9ヵ月くらいのベビちゃんです。モフモフでした。(#^.^#)




あれほど悩んだ剖検でしたが、結果として私は

剖検をして良かったと思いました。

これは先生への信頼と、先生がベビの亡骸へ敬意を払って下さった事、

私の依頼通り 剖検をするにあたり麻酔をして下さった事、

また剖検後の姿が美しかった事など

いろいろな事情が重なった結果だと思います。

ですので、私は全ての人へ剖検をすすめはしません。




ベビや、あなたは天寿を全うしただけでなく、

剖検によって先生の知識と経験となりました。

知識や経験は誰にも奪われることはだろう

あなたは将来のハリネズミ治療の大きな礎となったのです。

あなたの尊い犠牲はこの先たくさんのハリネズミの命を

助ける事になるのでしょう。 これほど価値のある生涯はあるまい。

私は心からあなたを誇りに思う。ありがとう、愛してる。

* 剖検についての報告はこれで終りです。






いつも読んでいただき ありがとうございます。

にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

Re: ベビちゃんに感謝(*˘人˘*)

Mさん、コメントありがとうございます。
そのように思っていただける方が一人でもいて下されば
ベビも喜んでくれると思います・・・

私も今はお迎えをする勇気がありません。
ハリちゃんが体調を崩して強制給餌になったら
出張の時に母には頼めませんから・・・
今後、助けを必要としているハリちゃんとめぐり会えば
気が変わるかも知れませんが。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)