FC2ブログ

お供えの事





ずっと昔、実家には大きな仏壇がありました。

祖母が毎朝、ご飯とお茶(水だったかな?)をお供えし

お線香に火をつけていました。

若かった私はその行為を「バカみたい」と少し蔑んでいたと思います。

亡くなった人がご飯やお茶を飲める訳ないのに・・・と。




一定時間がたつと、祖母はそのご飯を下げて保温してある

炊飯器に戻すのです。・・・・お線香の匂いがついたご飯を。

自分がご飯を食べようと炊飯器の蓋を開けた時に

お供えしたご飯が、丸い形のまま残っていて、それがとても嫌でした。

祖母は自分ではお供えしたご飯を食べなかったので。




いつも母と「あのご飯を炊飯器に戻すの、やめて欲しいね、

線香臭いし、衛生的じゃないし、おばあちゃんが食べればいいのに。」

と話していました。

いつだったか「やめて欲しい」と伝えた時、祖母に

「何が汚いんだ!」とキレられた事もありました。

“だったらお前が食べて見ろよ!”と言いたかったけど

その当時は言えませんでした。

仕方なく母は祖母の見ていない時にお供えしたご飯を

こっそり捨てていました。









今は自分が祖母と同じことをしています。

花を飾ったり、朝晩、お水を替えて、フードをお供えするのです。

コーンやスイカは短時間だけお供えして、

自分がお下がりをいただいています。

(お供えしたハリネズミ・フードを自分が食べる事はありませんが。)




供養やお供えは 大いなる自己満足かも知れませんが

残された者が精神の安定の為にしているのかも知れないと

この頃は思うのです。 祖母の気持ちが何となく分かりました。

(でもやっぱり、お線香臭いご飯を炊飯ジャーに戻すのは

今でもやめて欲しいと思います。 せめて自分で食べてよ・・・)




いつも読んでいただき ありがとうございます。
にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)