FC2ブログ







今日、会社帰りにスーパーに向かう途中で

雪の中から猫の鳴く声がしました。

大きな猫が、大きな声で必死で何かを

訴えるように鳴いているのです。





野良猫にしてはキレイだけど・・・

何だろう・・・捨て猫なのかなあ?

お腹が空いているのかな?

寒くて辛いのかな?

と私は心配になり立ち止まりました。





猫は私に擦り寄って、

頭を私の脚にこすりつけて

甘えてきました。

「・・・・可愛いけど、でもゴメン。

君を連れて帰る事はできないんだよ。」

私は後ろ髪を引かれるような気持で

猫を振り切ってスーパーに向かいました。





スーパーの帰り道に、

せめて猫に何か食べさせようと

私がもう一度、さっきの場所を通りかかると

見知らぬファミリーが 

さっきの猫をとり囲み、

食べ物を与えていました。

小さい子供さんが猫の頭を撫でていて・・・

猫は必死でガツガツと何かを食べていました。








私は少し安心して

「あの猫が心やさしいご家族に

引き取られますように・・・。」と祈りました。

(野良猫じゃなかったら申し訳ないですが。)






017 (2)





↑ 偶然「お手」をしてくれたかのようなベビちゃんです。

モミジのようなカワユイお手て・・・・♪ (^^)





もしかしたら昨日からの大雪で

捨てられた猫や犬達は・・・

きっと寒くて寒くて、

たまらないのかも知れません。

助けてあげられなくて苦しいです。







人間の身勝手で捨てられるペットを見聞きする度に

胸が痛いけど・・・・もしかしたら飼い主の愛情に

包まれて天寿を全うできるペットは少ないのかも

知れませんね・・・・。








ベビちゃんは・・・幸せだね。

( たまに飼い主がヒヨコ電球をつけ忘れるけど )

暖かいハウスがあって、

美味しいご飯があって。

様子がおかしければすぐ病院に行けるし。

全てのペットが幸せな生涯を送れるように

なって欲しいと心から思います・・・・(*_*)






いつも最後まで読んでいただき ありがとうございます。
にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)