ボランティア団体の展示会








今日は、日頃から私が密やかに

支援している「150匹犬猫ボランティア

様の今までの歩みをパネルで展示した

展示会に行って来ました。



元の飼い主が無秩序に多頭飼いをした挙句、

去勢も避妊もしないまま増え続けた犬猫、

病気になっても病院へ連れて行かれる事も無く

ストレスから弱い子が喧嘩の為に命を落とす・・・

そんな飼い主を説得し、犬猫を引き取って

お世話をしている団体さんです。

時々、私も寄付や物資の提供をしています。




その展示会で こんなパンフを見つけました。

「ペットの災害時の対策」というパンフレットと

「ペットの為の遺言書」についてのパンフレットです。










災害時は・・・人間は助けてもらえるかも知れませんが

ペットは二の次にされてしまうだろうから・・・・

ベビの為にも非常用の「お世話のグッズ」を

常日頃から備えておかなくてはいけませんね。

(分かっているけど なかなか出来ない事ですが。)





遺言は・・・日本ではペットに遺産を残す事はできませんが

「ペットのお世話をしてくれることを条件に、その人に

財産を残す」事が出来るのだそうです。

高齢者や一人暮らしの飼い主におすすめだそう。

なんだか・・・・身につまされますね。 (+_+)



もしも私が突然死ぬことがあったら・・・

ベビのお世話は母に頼むしかないけど

母も高齢です。イザという時の事も

ちゃんと考えておかなければいけませんが

正直 “考えたくない” というのが今の気持ちです。





少なくとも ベビのかかりつけのお医者様や

フードの置き場所など、ちゃんと分かりやすく

ノートにまとめて置くのが良いでしょうね。

いろいろ考えさせられる一日でした。






いつも読んでいただき ありがとうございます。
にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)