兵どもが夢のあと







夕べはケージの掃除の日でした。 昨日、

「どんなに汚してもいいよ、元気でさえいてくれれば。」

なんて言っていた矢先のことですが

まるで私の言葉を理解したかのように今朝、

ケージを見たら ありえないほどの惨状でした。(-_-メ)








お水の皿には床材が入り込み、

ケージの床はまるでパンにマーガリンを

塗りたくったかのようにウンコまみれ、

交換したばかりの段ボールハウスは

おしっこでヨレヨレで まるで金魚すくいの後の

モナカのごとき有様でした。





・・・思わず私の頭の中に芭蕉の

“兵どもが夢のあと” という句が頭に浮かびました。





確かに元気でさえいてくれれば良いとは言ったけど

何もケージのお掃除をした翌日に これは酷い。(T_T)

「酷いじゃないのベビ子ちゃん、

あんまりじゃないのベビ子ちゃん。」

と呟きながら掃除をするしかない私なのでした。 (涙)





そんな私の気持ちも知らずにベビちゃんは

今日もプリケツ全開で「フヒッ。」とお鼻を鳴らしていました。(*^_^*)







いつも読んでいただき ありがとうございます。

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)