許してくれ





大変な失敗をして、ベビを危険な目に

遭わせてしまった・・・ (>_<)

夕べ、ケージのお掃除して暖房の電源を

切ったんです。 そしてその後、暖房をつけないまま

ベビをケージに戻し、そのことに気づかないまま

私は就寝してしまったのです・・・・ (ああ。)







朝起きて、ケージをのぞいてビックリ!!

・・・・15℃でした。 (+_+)

私は気が動転してしまい、

「あ・・・あ・・・、ベビ、ベビ!! (涙)」

と呟きながらオロオロと暖房のコンセントを

つけましたが・・・すぐには暖かくなりません。




慌ててコタツをつけてベビをコタツへ移しました。

コタツに入れたまま、そっとベビを寝袋の上から触りました。

「・・・フシュッ。」

良かった、生きている! (T_T)





だけど安心はできません。

3歳3ヶ月と高齢なベビちゃんです、

今回の事がベビちゃんにとって大変なストレス

になったはずです。

あああ、私のバカバカ!!

悔やんでも悔やみきれない・・・・

ママである私の不注意でベビを危険にさらすとは。




オロオロしながらベビの様子を見守っていましたが

私も会社に行かなければなりません。

後ろ髪を引かれる思いで家を後にしました。

ベビちゃん、ごめんね、ごめんね、ごめんね。





地下鉄の中でも、会社でもベビの事が気になり、

悔やむ気持ちで胸が張り裂けそうになりました・・・・

私のバカ、大バカ!! ベビちゃん許しておくれ。







ベビの事が気になり、お昼休みに一旦、

自宅に戻りました。 寝袋の上からそっとベビちゃんに

触れてみて「フシュ!」されて少し安心しました。





本当に危ないところだった・・・・

私の夕べの睡眠時間が4時間以下だったのが

せめてもの救いだったのかも知れません。

こんな小さな身体で、どんなにか寒くて辛かったろうに。

ベビは寒さを訴えられないもの。ごめんよ・・・





皆様もどうか私のようなうっかりミスにご注意下さい・・・・。 

いつも読んでいただき ありがとうございます。

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)