軟膏を塗った翌日の様子



その後、低温火傷か床ずれかは不明ですが、

病院で処方された軟膏を塗ったら、お腹の赤い部分が

大分おさまってきたような気がしました。良かった♪

患部を清潔にして、

床暖房の「ピタリ適温」を時々、電源OFFにして

(床暖房を切った間はヒーターを併用するようにしました。)

様子をみる事にしました。








ベビちゃんは足が不自由で這って移動するし、

体重も増えているし、年齢的なものもあって免疫が

落ちているのかも知れません。

お腹が低温火傷や床ずれになる可能性が高いのでしょう。

今まで以上に気を配ってあげなくては。





病院の帰り際にお医者様が言いました。

「・・・でも何度か体調を崩しながらもベビちゃんは

よく持ち直してくれていますね。」

私は言いました。

「はい、そうなんです。最初に体調を崩してから2年

くらい経過しているんですが もうすぐ4歳4ヶ月ですし

結構、長生きしてくれているんです。(*^_^*)」





先天的な背骨の異常を持ったまま、頑張ってくれている姿には

本当に頭が下がるというか、ママとしては嬉しい限りなのです。

私に出来る事は

☆ ストレスをなるべく与えないこと
☆ 栄養バランスを考えた食事
☆ 衛生面などの環境を整えてあげること

・・・これくらいだと思うのです。 

昔、犬を飼っていたのですが

今とは考えられないくらい飼育環境が良くなかったのです。

今でこそ犬や猫は20年くらい生きてくれるけど

30年以上前は動物病院も少なく、人の意識も低かったので

今思うと「ああすれば良かった、こうすれば良かった」と

後悔する事ばかりです・・・・。(T_T)

だから情報と少しだけお金のある今の私は 

自分に出来る事は何でもしてあげたいと思うのです。





いつも読んでいただき ありがとうございます。

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)